築古の家の耐震性|ブログ|川越市で戸建リノベーション&リフォームするなら「小江戸のリノベ」

施工対応エリア

川越市、狭山市、ふじみ野市、
さいたま市、その他周辺

お電話でのご相談もお気軽に

0120-120-366

受付時間.10:00~18:00(水曜定休)

リノベーションブログ小江戸のリノベのスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

リノベーション~お勉強編~ 築古の家の耐震性

2021年07月01日更新

戸建てのまるごとリフォーム専門店の小江戸のリノベのYです。

 

 

 

家にいる時。

たま~に震度3位の地震があるじゃないですか。

グラッときたら、まずドキっとする。

 

 

 

むぉっ!地震!

で、ちょっとの揺れだとほっとする。

 

 

家の耐震性がちょっと心配、、って人は、

このドキっ!がもっと強いのかも。。。

 

 

築30年以上の木造、軸組み工法(柱と梁で作る一般的な工法ね)の家は、

今の新築で作る家と、原則は一緒なんだけど。

何が違うって、強度が違う。

 

 

 

戦後、安くて品質のばらつきが少ない建て方で、どんどん家を作れ~ってなって、

伝統的な、大工さんの力量が試される建て方ではないやり方が主流になって。

 

神社仏閣も木造だし、何百年も持つし、と言っても、

そもそも大量生産という方向性で建てていないわけだから。。。

一般住宅はちょっとそれとは違うのね。

 

 

そんなわけで、

今ある築30年以上の家は、

軸組み工法、戦後の大量生産向けのやり方、が多い。

 

 

ということは。

抜けないわ~ってなる、芸術的な作り方はしてなくて。

 

 

 

上から引っ張ったり、横から揺らせば抜けるだろ~って作り。

すぽん。

 

 

 

 

 

大地震が来たら、すっぽ抜けそうなイメージよね。

 

 

そしたら建物倒壊。

もしも夜中で寝てたりしたら、、、、家ごと押し潰されちゃう

 

 

 

 

なので。

新築するなら話は別だけど、今あるものをリノベーション、なので、

この柱と土台はこのままで、

じゃあ揺れても抜けないように、金物でがっちり止めてあげましょう、となるわけ。

こういうのね。

 

 

 

こういう金物が、1つも使われていないのが築古物件なので。

適所につけていってあげて。

 

もちろん、

筋交いを増やしたり、

壁で耐震性を取れるボードを増やしたり、

間取りを変えるついでにそうやって耐震性を上げていきます。

 

いや違うな、

耐震性を上げるついでに、

こんなに壁めくるなら、間取りも変えられるから変えちゃお、です。

 

 

やっぱり1番は安心安全な家にしたい、だからね。

 

我が家もちょっと心配なんだよな~って方は、

一度モデルハウスに遊びに来つつ、

相談してくださいな!

 

モデルハウスのご予約はこちらから

 

 

 

 

この度LINEの公式アカウントを開設しました!


LINEの「友だちを追加」画面からで上のQRコードを読み込むか、

こちらの「友だち追加」リンクからお友達登録してみてください。

友だち追加

イベントの先行ご案内やお得な情報をお送りします

 

~~小江戸のリノベでは、内外装を一新するだけではなく、「耐震」・「断熱」といった性能向上リフォームも行います。

川越市、狭山市、ふじみ野市、富士見市、所沢市、さいたま市で、リノベーション・増築・減築・改築・実家の二世帯化リフォームをお考えの方は、まずは小江戸のリノベでご相談にお越しください。