リノベーションで、間取りを変更するのって。|ブログ|川越市で戸建リノベーション&リフォームするなら「小江戸のリノベ」

施工対応エリア

川越市、狭山市、ふじみ野市、
さいたま市、その他周辺

お電話でのご相談もお気軽に

0120-120-366

受付時間.10:00~18:00(水曜定休)

リノベーションブログ小江戸のリノベのスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

リノベーション~お勉強編~ リノベーションで、間取りを変更するのって。

2021年04月28日更新

リフォーム専門店の小江戸のリノベのYです。

 

いい家の間取りって、どんなんでしょ?

 

 

家事動線、とか、収納力、とか

そいういう言葉で表されるのかもしれないけど、

まあ、「いい家」ってざっくりしすぎてわからない

 

 

私はずっと人様のおうちの間取りを考えてきたので(新築の仕事してた)

図面を作るのは慣れておりますが。

 

同じ間取りでも、

この人にとってはいい家だけど、

あの人にとっては全然ダメな家、

ってことが普通にある。

 

 

求めているものが違ったり、

快適の定義が違ったり。

本当にそこは人それぞれ。

 

 

でも、要望としてお客さんの口から出てくるのは、

同じ言葉の場合も多いのです。

 

 

例えば、土間の収納が欲しい、とか。

リビング内の階段がいい、とか。

 

 

はい、よくそこら辺の雑誌なんかにも書いてありますねぇ。

 

 

それをいいな~と思って、言ってくれていると思うのですが。

 

とりあえず、聞きますけど(とりあえずってね

それを真に受けてそのまま図面書いたりはしませ~ん。

 

 

何のために土間収納?とか。

なんでリビング内階段?とか。

 

 

ついでに言うなら、

朝起きたらどういう動線で、

仕事行く前に何してて、

帰ってきたらどういう動きして、とか、細かくヒアリング。

 

で、結果、

ああ、今こういう動きしているのにこうなっているからストレスなのね。

だからここに土間収納欲しいのね、とか判明するわけです。

 

じゃあさ、ここにこんなに広くじゃなくて、

こっちに小さいのがあった方がいいよね、とか。

 

これは隠した方がよさそうだから扉を付けてこっちにしまおうよ、とか。

その人のほんとの要望にあった図面に仕上げていくわけ。

 

 

新築の場合は、結構それが自由に設計できるけど、

リノベーションの場合は、既存の柱や梁があるので、そこまで自由にはいかない。

 

 

しかし、

こういっちゃなんだけど、

それが面白い

 

 

複雑なパズルを解いている感じ。

 

 

完全なるパズルの回答はないわけなんだけど、

どこまで正解に近づけられるかは、お客さんの満足具合と比例していくわけで。

 

お互い嬉しいので、

そりゃあもう頭をひねってひねりまくる。

 

 

ちょっとのリフォームだと間取りを変えようとは思えないかもだけど、

柱と梁、基礎は残してスケルトン、断熱やりかえるなら、ついでに間取りも変えちゃおうってなるよね。

 

メインは間取りを変える、ではないけれど。

性能を上げて長く住もう、だけど。

 

 

 

BeforeとAfterがわかりやすいのは設備の入れ替えかもだけど、

土台の性能がしっかりしていないとね、本末転倒だからさ。

そこはしっかり、が大前提。

 

でも、まあ、

出来上がって嬉しいのは使いやすい間取りと、キレイなキッチンだったりする(笑)

 

 

なんにせよ、毎日帰る家だから、

快適にしたいよね。

 

モデルハウス見学ももうすぐ終わりなんで、早めに来てね。

 

 

 

この度LINEの公式アカウントを開設しました!


LINEの「友だちを追加」画面からで上のQRコードを読み込むか、

こちらの「友だち追加」リンクからお友達登録してみてください。

友だち追加

イベントの先行ご案内やお得な情報をお送りします

 

~~小江戸のリノベでは、内外装を一新するだけではなく、「耐震」・「断熱」といった性能向上リフォームも行います。川越市で、リノベーション・増築・減築・改築・実家の二世帯化リフォームをお考えの方は、まずは小江戸のリノベでご相談にお越しください。