耐震工事、制震と免震、違いはなんだ?|ブログ|川越市で戸建リノベーション&リフォームするなら「小江戸のリノベ」

施工対応エリア

川越市、狭山市、ふじみ野市、
さいたま市、その他周辺

お電話でのご相談もお気軽に

0120-120-366

受付時間.10:00~18:00(水曜定休)

リノベーションブログ小江戸のリノベのスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

リノベーション~お勉強編~ 耐震工事、制震と免震、違いはなんだ?

2021年04月18日更新

リフォーム専門店の小江戸のリノベのYです。

 

グラっと来て、ハッとすることが多い地震。

首都直下型の地震は、今後30年以内に起きる可能性は70%、なんて言われています。

脅かして~、もう怖がらせるのは止めてよね~と思う一方。

 

地震が起きるのは自然のことなので、

ノストラダムスの大予言(←古い)みたいなちょっと胡散臭いものとも違う。

 

 

 

NHKの何かに載っていたその根拠、ってのを見たら。

 

一番すごいM8超えの地震、M7.9の地震の間は、220年空いている。

その220年の間にM7クラスの大きな地震が8回、起きていて。

それでM7以上の地震が起きるサイクルは27.5年に1回、まあ30年に1回は起きるね、という確率だってことに。

 

 

で、さっきのグラフの220年の前半部分は静か目で、後半に活発になる、みたいな統計も。

 

 

まあ、脅かすつもりはないけれど、

備えは必要、ってことですね。

 

 

 

 

ヘルメットとか、

避難用のリュックとか、準備はOK??

 

 

私も自宅にあるリュックの中身をこの間確認したら、非常食の期限切れだったり、

水も5年保存でほっといたものが切れてたり(汗

携帯の充電器もかなり昔のもので今はそれ使えないし、ってものだったり。

 

 

色々しまった、という感じだったので、

全部チェックして入れ替えました

 

 

 

グラッと来たら、すぐヘルメット被って逃げ出せればいいけれど、

何時に地震が起きるのか、にもよるしね。

 

寝てたらそんなすぐ動けないだろうし。。。

で、重要なのが建物の耐震。

 

 

 

耐震工事、っていうのは、

最悪、逃げる時間を稼ぐ、という意味合いのものでね。

柱や梁、構造の主要部の強度やねばり強さで建物が揺れに耐えるのね。

 

 

制震=揺れを制御する、揺れを吸収する。

これは、地震エネルギーを吸収する「制振部材」を建物に組み込んで、地震発生時の揺れを軽減するもの。

耐震、とはまた別ものね。

 

免振=地震エネルギーの伝わりを遮断する構造。

基礎と建物の間に「免震装置」を設置するものなので、一般戸建て住宅ではちょっと見ないかな。

 

 

もちろん、費用もかかるのであれだけど、

最低限の耐震をしておこうね、というのが小江戸のリノベの耐震工事。

 

オプションで制震も出来ますが、まずは逃げ出せる時間を稼ぐ耐震工事をしよう、ってこと。

 

まずは現状把握だけでもね、しておくといいと思うよ。

 

 

まあ、健康診断と同じでね、

結果怖いから見たくない、ってのもあるけど…。。

 

放っておいて、

後で後悔するのもね、ちょっと嫌だよね。

 

 

もう少し早く来てくれれば何とかなったのに、、、みたいな

 

 

ちょっとだけ、

相談だけ、してみようかな、、、でも全然OK。

 

 

LINEでさくっと問い合わせしてくれても大丈夫。

私がサクッと返信するので

 

気軽にお問合せくださいな~!

 

 

この度LINEの公式アカウントを開設しました!


LINEの「友だちを追加」画面からで上のQRコードを読み込むか、

こちらの「友だち追加」リンクからお友達登録してみてください。

友だち追加

イベントの先行ご案内やお得な情報をお送りします

 

~~小江戸のリノベでは、内外装を一新するだけではなく、「耐震」・「断熱」といった性能向上リフォームも行います。川越市で、リノベーション・増築・減築・改築・実家の二世帯化リフォームをお考えの方は、まずは小江戸のリノベでご相談にお越しください。