部屋が余っている…じゃあ減築!?|ブログ|川越市で戸建リノベーション&リフォームするなら「小江戸のリノベ」

施工対応エリア

川越市、狭山市、ふじみ野市、
さいたま市、その他周辺

お電話でのご相談もお気軽に

0120-120-366

受付時間.10:00~18:00(水曜定休)

リノベーションブログ小江戸のリノベのスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

リノベーション~お勉強編~ 部屋が余っている…じゃあ減築!?

2021年03月20日更新

リフォーム専門店の小江戸のリノベのYです。

 

50代、60代のご夫婦がご相談に来てくれる場合、お子さんが成長、または独立し、

これからは夫婦二人なのでこのタイミングでリフォームをしたいな、、と考えている方が多いのです。

 

いいですね~、仲良しで

 

 

で、4人家族だったのが2人になる、とか家族の人数は減るわけなので、

部屋が余るんですよね。

これだとちょっと小さい???

 

 

 

 

 

まあ足りないよりは余っている方が、大は小を兼ねる的な?差し迫っている要望はないんですが、

それでもなんかもったいないなぁ、、というお声。

 

 

放っておくと子供のものはそのままに、物置と化したり、

たまに帰ってきたときの寝る部屋としてしか使われない、、みたいな。

 

 

ここで、

じゃあ減築ね!!というのは安易すぎる(笑)

 

 

 

免責減らせばいいってもんでもないかもよ?

 

 

 

使ってない部屋があるにしろ、

使っている部屋の使い勝手はどうなんだ?っていうところも一緒に考えましょ。

 

 

 

 

一つ、二つ、改善したい点はあるはず

 

 

 

日当たりのいい部屋を子供部屋にしてたから、そっちは寝室にしようか、とか。

それならこの二つの部屋の壁は取っ払って、

広い寝室にする、とか、、、

 

あ、それもいいけど、

少し間仕切りはして、

お互い別々のスペースってどう?

 

なんかあったときに一人部屋だとわかりづらいから、

部屋は一緒だけど少し区切ってお互いのプライベートスペースを確保するとか?

(助けて~とか、ゴホゴホおえっ!みたいのは聞こえるように(笑))

 

 

建物の大きさを変えるとなると、

結構大工事になってしまうので、中の間仕切りを少し変えてあげたり、

キッチンの位置を変えたり、

今、ちょっとここが不満なんだよな~っていう点をあげてもらえれば、

一緒に解決できるかも?!

 

 

 

どんなふうに出来るんだろう?ってのが知りたいだけでもOKですよ~。

急ぎじゃないよ、って人はゆっくり後回し気味でやるから(笑)

のんびり進めたい人も、ペースは合わせますので、お気軽にご相談くださいね~。

 

 

 

LINEで匿名の相談もOK!

下記のQRコードからどーぞ!

 

 

この度LINEの公式アカウントを開設しました!


LINEの「友だちを追加」画面からで上のQRコードを読み込むか、

こちらの「友だち追加」リンクからお友達登録してみてください。

友だち追加

イベントの先行ご案内やお得な情報をお送りします

 

 

資料請求や、モデルハウスの見学も、

LINEかメールで連絡くださいね!

モデルハウスの来場予約、メールはこちらから

 

 

~~小江戸のリノベでは、内外装を一新するだけではなく、「耐震」・「断熱」といった性能向上リフォームも行います。川越市で、リノベーション・増築・減築・改築・実家の二世帯化リフォームをお考えの方は、まずは小江戸のリノベでご相談にお越しください。