昭和の家と、令和の家。|ブログ|川越市で戸建リノベーション&リフォームするなら「小江戸のリノベ」

お電話でのご相談もお気軽に

0120-120-366

受付時間.10:00~18:00(水曜定休)

リノベーションブログ小江戸のリノベのスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

リノベーション~お勉強編~ 昭和の家と、令和の家。

2020年12月24日更新

リフォーム専門店の小江戸のリノベのYです。

 

 

昭和の家と令和の家。

昭和はこんな感じ?

 

令和はこう?

昭和の家は、南側に縁側があって、全面が窓!みたいな感じですよね。

 

 

趣があって好きなんですが、

耐震、という観点からみると、窓を壁に変更しないとダメな場合も。

 

 

縁側を作っている新築はあまりないですし、

意外と窓がたくさんありすぎると、逆に壁がなくて家具の配置に困ることも。

 

 

生活スタイルも変わったし、建築の基準も変わっているので、

家の作り方もだんだん変わってきてますね。

 

 

大きな地震が来た時に、家が潰れてしまう心配はしたくないと思うので、

古い家の趣を活かしつつ、耐震工事で安心を得る。

 

そんな選択肢もあっていいと思いま~す。

 

~~小江戸のリノベでは、内外装を一新するだけではなく、「耐震」・「断熱」といった性能向上リフォームも行います。川越市で、リノベーション・増築・減築・改築・実家の二世帯化リフォームをお考えの方は、まずは小江戸のリノベでご相談にお越しください。