耐震は基本、です|ブログ|埼玉県川越市のリフォーム・リノベーションは「小江戸のリノベ」へ

お電話でのご相談もお気軽に

049-256-9855

受付時間.10:00~18:00(水曜定休)

リノベーションブログ小江戸のリノベのスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

会社ブログ 耐震は基本、です

2020年09月17日更新

こんにちは、小江戸のリノベ、営業担当Yです

 

今日は気になる耐震の話。

 

耐震、読んで字のごとく、「地える」ってことですよね。

 

地震が来た時に、建物が倒壊しないように。。

木造の建物でいうと、筋交いを入れたり、耐力壁と呼ばれる壁を入れて施工します。

赤い線のところが、筋交い。バッテンに入れて、揺れても耐える作りにします。

 

もうひとつ、壁で支えるタイプのものも。

耐震の構造計算をするので、バッテンで行くか、壁でいくかはそのバランス次第。

 

 

 

一方向にばかり強い壁があってもダメなんだな~。

バランス良く配置するのも重要。

 

 

 

あとは、基礎と柱、とか柱と梁、とか、連結部分を金具でしっかり繋いでおくのも重要。

リノベの前は、金物はひとつもついていませんでした

 

 

 

新築で建てる場合と同じように、計算をしていくのですが、

リノベの場合はすでにある抜けない柱、とか既存の基礎、とか、

動かせないものがあるので、新築よりも手間がかかります。

 

 

が、それをどうにかするのが小江戸のリノベ、さ!

ということで

 

 

あ、あと似たような言葉で良く聞くのが、

「制震」「免震」

 

 

 

制震、は揺れを制御、する感じで、こんなのを入れます。

筋交いのパワーアップバージョンですね。

揺れに耐えるだけでなく、パワーを逃がしていくイメージ。

 

 

免震、は建物の下にゴムがあるイメージ。

マンションなんかではあり、ですが、戸建だとなかなか難しい。

家ごと動くので、敷地にも少し余裕がないとダメ。

地震が来たら、隣の家に家ごとアタックしちゃう(←大げさ)。

 

 

小江戸のリノベでやるのは、基本は耐震。

地震に耐えられる家にしよう!がベース。

これは坪単価いくら、の費用に含まれてます。

 

あとはオプションで制震、もやってます。

ここは間取と予算とご相談、ですね。

 

 

地震国日本、だけど、安心して暮らしたいですもんね~

うちはどうなっているんだろう?って方は、ご相談くださいね~!