断熱って?|ブログ|埼玉県川越市のリフォーム・リノベーションは「小江戸のリノベ」へ

お電話でのご相談もお気軽に

049-256-9855

受付時間.10:00~18:00(水曜定休)

リノベーションブログ小江戸のリノベのスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

会社ブログ 断熱って?

2020年09月14日更新

朝晩は少し秋の気配がするようになりましたね~。

こんにちは、営業のYです。

 

大規模に改修しているリフォームのモデルハウスは着々と工事が進んでいますが、

一番売りにしている「断熱」と「耐震」そして「収納」、この三つ(一番って言っておいて三つあるけど)を少し掘り下げていこうかな、と。

 

最初は「断熱」のお話し。

家の壁の中に入っている、熱を通しにくくする物体のことです。物体ってなんだよ、って話ですが

 

こういう資料もあったりするんですけどね⇓

で?

 

って思うじゃないですか。

 

 

 

だからなんだい、うちはどうなんだい、ってのがわかりにくい(私だけかしら?)。

 

 

今時の新築の家には、

断熱材、という物体が壁の中に入っております。

 

なんの素材で作るかは、各会社さん次第、ですが、発揮してい欲しい効果は一緒。

 

冬の寒い空気は中に伝わらないように!

夏の暑い空気も中に伝わらないように!

 

これですね。

言ったら魔法瓶みたいな家にしたいわけです。

 

 

氷を入れて冷やした飲み物を入れておけば、真夏の海辺に持って行ってもある程度は冷たさが続く(絶対じゃないけど)。

 

暖かいスープを入れておけば、極寒のスキー場に行ってもある程度は暖かいスープとして飲める(これも絶対じゃないけど)。

 

そんな効果が出るように、「断熱材」という熱を通しにくい物体を壁にしこんでいるわけです。

 

 

で、さっきのデータ。

ね?昭和55年以前の基準で建てられた家の約40%は、なんの物体もしこまれていないわけなんです。

 

外が暑ければ、家の中も暑い。

 

外が寒ければ、家の中も寒い。

 

 

表面だけキレイにしるリフォーム会社はたくさんありますが、

断熱材を入れ直す提案をする会社はあんまりないんだな。

 

でも、壁の中になんの物体も入れないまま、壁紙だけ貼り替えてもね、

結局暑いわ、寒いわで、快適には程遠い。

 

なので。

 

 

どうせキレイにするならば、

一番大事な壁の内側をなんとかしよう!という考えでございます

 

 

壁の中がどうなっているのか?ちょっとわからないな、という方も大丈夫。

小江戸のリノベの精鋭部隊が(私じゃない)床下や天井裏に潜り込み、どうなっているのかを調査するのです。

私も横で見ててあげますので、安心です(←え?)。

 

 

ちなみに、小江戸のリノベでは、どんな断熱材を入れるかというと、

モコモコ膨らんでいる泡断熱を壁と天井に、

 

 

床下にはこんな分厚い物体が入ります。

 

高性能のグラスウール、という素材です。

湿気を逃がすので、床下にはもってこい

 

 

出来上がると見えないところですが、日々暮らしていく上ではとっても重要な役割をする子たちです。

 

次回は「耐震」について、リポートいたします!