床は線から面に変えるのだ|ブログ|埼玉県川越市のリフォーム・リノベーションは「小江戸のリノベ」へ

お電話でのご相談もお気軽に

049-256-9855

受付時間.10:00~18:00(水曜定休)

リノベーションブログ小江戸のリノベのスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

リノベーション~現場ブログ~ 床は線から面に変えるのだ

2020年08月17日更新

こんにちは、小江戸のリノベ、営業担当兼ブログ担当のYです。

 

今日は、現場を確認してきましたよ。

使える柱はそのままで、

2階の床は剛床と呼ばれる板を新しく貼ってます。

 

地震が来た時、縦に揺れたり、横に揺れたりしますよね。

その時、床がこうやって面で貼ってあると、横揺れに耐えてくれるわけです。

床の断面図アップ。

何枚も重ねてある感じなの、見えるかな?

 

築35年経つこの家は、こういう床の作りではなかったのですが、

今回ここはリフォームしてパワーアップしているわけです。

元々の2階の床はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

根太、という木の棒が通してあったんですね~。
線を、面に変えた感じになります

こうやって後ではわからないところも、ちゃんとリフォームしているんですよ~。

安心だね!